2018年06月17日

2018年ポー・ホーソーン国際大会(京都)いよいよ21日から!

いよいよ来週、21日(木)〜24日(日)開催となりましたポー・ホーソーン合同国際につきまして、開催前の最後のご連絡です。

1.研究発表会場のパワーポイント使用について
機器を使用して発表される方々には、ご自身の研究発表の部屋で事前接続チェックをしていただける時間が設けられております。

@ 研究発表は金曜と土曜日は 9:00~16:30
ですが、その前の8時から部屋は準備されています。特に金曜・土曜の朝の発表の先生方は、8時から8時45分くらいの間にご自身のlaptopとプロジェクターの接続具合のご確認をしていただけます。

A それ以外には、お昼休みの間、また、金曜・土曜とも発表が終わってから16:30~18時までの間もチェックしていただくことができます。ただし、金曜・土曜とも17時から講演がありますので、講演に出席される方は実質は17時までとなるかもしれません。

B ご発表の方々は必ずご自身のlaptopをご持参ください。金曜と土曜日はすべての部屋にプロジェクターとスクリーンとともに、コンピューターとの接続に必要な2種類のコード(
VGA D-Sub15pin cable とHDMI
cable)が用意されています。ただし、MacIntoshコンピューターをご使用の方は、変換アダプタ―が必要ですので必ずこれもお持ちください。(またWidows10はHDMIケーブルだけしか使えません。)

機器の扱いに関しては、基本的にはご本人の責任において使用していただくということで、特別の補助員等は用意しておりません。ご理解とご協力をお願いいたします。

2.研究発表の4部屋の定員について
今回の国際会議は参加者が175名を超え、ホテルの収容定員に近づいておりますので、各研究発表の部屋に大勢の方が出席されることが予想されます。一番大きな「祇園」の部屋には椅子が120席、その他の三つの部屋にも各50席が用意されます。ハンドアウトを配布する可能性のある方々には、上記の部屋の定員数にあわせて部数を用意していただけますようお願いいたします。会場の京都ガーデンパレスホテルには、学会参加者が発表資料を作成できるコピー機はございません。また、ビジネスコーナーのような施設もございませんので、資料の部数が足りなくなった場合も、その場で追加のコピーを作成する等のサービスはいたしかねます。この点、ご了承いただけますよう何卒よろしくお願いいたします。

3.国際会議受付について
すでに5月31日、6月11日のブログでご連絡いたしましたが、今回の大会は参加者多数のため、当日のみの参加受付は行いません。一日ごとに参加費を支払ってご参加いただく制度はございませんので、再度ご注意のほど、何卒よろしくお願いいたします。

ご来場されましたら、以下のものを受付でお受け取りください。
@ ご自身の名札
A トートバックに入ったプログラムパケット
B 受付では、懇親会、食事(ベジタリアンの方)、バスツアー参加などの確認がございます。

大会組織委員代表のSandra
Hughes先生・成田雅彦先生は、赤い名札をつけて受付付近におられますので、何かありましたらお知らせください。また、本国際会議のホテル側のご担当者は岩間さんです。ホテルのサービス、設備については岩間さんまでお願いいたします。

4.名札の着用について
国際会議中は常にネームタグを首からぶら下げて着用していただけるようにお願いいたします。これは、正式登録者の証明として各研究発表会場や講演への入場許可証となるだけでなく、お弁当の昼食を保証するチケットにもなります。かならず提示していただくことになります。また、懇親会やバスツアーへの参加証ともなるようになっていますので、常に携帯着用をお願いします。

それでは、皆さまに京都にてお目にかかれることを楽しみにしております!
posted by NHSJ at 20:55| 日記